しんどかった

高校の部活の集まり終わった。

やっぱ男子が加わるとどんどんテンションが下がってくる。女子とだけ話ししてたかった。

こういう忘年会や同窓会や新年会、めちゃくちゃ苦手だ。わたしよく頑張ったな。こういうの終わった後、すごく死にたくなる。久々に会って、今してる仕事とか給料とか、それを答えるのは別にいいけどいちいちコメントしなくていいやんか。警察官してるあいつ、給料いいらしいけどとっとと銃で撃たれてしまえばいいよ。ずっと残業して働いてればいいじゃん。

 

嫌だなほんと。中高と一緒に過ごした男達は私のことをすごく見下してるみたいで嫌いだ。だから私はずっとネットに引きこもってきた。ネットの中には面白い人たくさんいる。私のことをしっかりアドバイスしてくれるししっかり話聞いてくれるし、私はネットがこの世にあってよかったって思ってる。今はみんながネットしだして、面白い人が埋もれてしまってるから大変。知らない人と繋がる面白さに気づいたのは小2のとき。チャット式のオセロゲームから始まった。そして小4からチャットをはじめ、小6でモバゲー、知らない電話番号にテキトーにかけることもしたし、テキトーにメアド作って送ったりもした。とにかく知らない人ばかりと仲良くなりたがった。その結果リアルの人とは全然なのよ。少し友達はいるけど、それは本当の友達だ。

 

とにかく今日は辛かった。

知らない人のことは好きなのに、知ってる人とは会いたくないんだよ。どうなってるのだろうか。

 

もう終わったこと。年に一度だけの関係でいい。そしてインスタもやめる。もう別のアカウント作った。リアルの友達の前では沈黙することにした。消息不明になる。そしてどんどんその人たちの記憶から私が消えて欲しい。

私のことを求めくれる人、M君しかいない。嬉しいことだよ。会いたい。宮下くんに抱きついたまま死んでしまいたい。

 

明日から仕事だ。眠らなきゃ