なんだっけ

最近スピッツ聴くことに再びはまってる。

 

スピッツのあの曲を聴くと、18歳のころに戻ってしまうんだ。

当たり前に電車も新幹線も乗れなかった高校三年生。

ヨット漬けの毎日だったけど、高校受験の時は必ず休みになるんだ。

そのとき、大学で京都にいる姉ちゃんのところに遊びに行った。

 

二条城を見たり四条で買い物したり金閣寺を見たりした。こんなにも素敵な街や時の流れがあるなんて!私は狭い世界で生きているんだろうと思ったよ。

 

帰りが近づいてきたんだ。新幹線で京都から地元の駅までなんて一時間もかからないのに、とても遠い気がしていたんだ。だからもう5時くらいには新幹線に乗ったんだ。

 

そのとき、姉ちゃんが新幹線のホームまで見送ってくれたんだ。

イヤホンで音楽聴いてたけど、そのとき流れたのがスピッツの「夕焼け」という曲だった。

www.youtube.com

 

 

次の日からまた海で練習が始まるんだ。その頃は3月だった。

とても寒い日。姉ちゃんのそばから離れたくなかった。

姉ちゃんとこのままずっと京都にいたいと思ってた。

 

新幹線が出発して、姉ちゃんが見えなくなった途端涙があふれ出てきた。

姉ちゃんと離れる前まで、我慢していたんだ。その頃は化粧なんて興味がなかったから、きっと鼻が赤くなってしまったことばれていただろうな。

 

ああ、アンカリングされてる。この曲を聴くたびにあの頃に戻れる。

 

大学生になって関西に来た。京都にたくさん行くようになった。

なのに、姉ちゃんと遊んだあの日以上に楽しかった思い出が見当たらないよ。

 

みんなも素敵な思い出を抱えながら生きてるんだ。

 

とても幸せな気持ちになった。これがタイムトラベルだ。